TOP

クレジットカードは、こんな使い方もできるのだよ。

クレジットカードでなければ利用出来ないサービスも

外国の紙幣と硬貨
クレジットカードは利用出来るお店でなければ利用出来ませんが、逆にクレジットカードだけしか利用出来ないようなサービスも登場しているのです。かつてであれば現金であれば必ず利用出来るので現金を持っておけば安心でしたが、逆にクレジットカードのみしか利用出来ないサービスも登場しています。その代表と言えばレンタカーです。レンタカーの場合、車両を貸し出すサービスになりますのでお金と共に、相手の身分証明も徹底しなければなりません。そこでクレジットカードです。クレジットカードであれば信販会社がいわば身分を保証してくれていますのでレンタカーの業者にとっても都合が良いのです。近年ではMVNOの業者もクレジットカードのみの支払となっています。現金引き落とし等では手間がかかるのでしょう。クレジットカードであれば即時決済で瞬時に会計出来ますし、こちらも身分証明代わりになりますので、クレジットカードのみの所が一般的です。

興味のあったクレジットカード現金化に成功

外国の硬貨
一度試してみたいなって思っていたクレジットカード現金化を行ってみました。まだまだそこまで余裕がない状況ではありませんでしたが、完全に余裕のない状況だと判断を誤ってしまう可能性もあるじゃないですか。だからまだ余裕のある段階でってことでクレジットカード現金化を行ってみたんですけど、想像以上に簡単だったので驚きました。むしろこれだけ簡単なら、全然難しいものじゃなく、誰だって簡単に出来るものなんじゃないかなって思いましたね。何らかのコツとかテクニックが必要なのかなって思っていたんですけど、実際に体験してみて分かったのはクレジットカード現金化に必要な物はショッピング枠の余裕だけであって、自分自身には経験とかセンスだとかはほとんど必要ないものですね。これだけ簡単なら、余裕がない時でも使えるし、焦る必要もないんじゃないかなって思いました。とりあえずこれでいざという時にも困らない自分でいられるなと思います。

サインレスのクレジットカードが増えている

クレジットカード
かつてクレジットカードを利用した際、サインを明記するのが当たり前でしたが近年ではサインレスで利用出来る所も増えています。サインレスの最大のメリットはスピーディーな会計が可能になる点です。会計の際、サインを記入するのは決して長時間を要するものではありませんがどうしても時間がかかってしまいます。本人確認という観点からとても大切なものではありますが、近年では利用額次第ではサインレスでの利用が可能なお店もあれば、サインではなく暗証番号を入力して決済するタイプのお店も登場しています。この場合、本人ではあっても暗証番号が分からないと利用出来ないので注意が必要です。暗証番号はクレジットカードの入会申し込みの際に必ず設定しているはずですので、思い出すなり確認してみましょう。もしもですが暗証番号を忘れてしまった場合、郵送等で再設定しなければなりませんので少々面倒です。大切な部分ですのでさすがにネット上で簡単には変更出来ない所が多いです。

クレジットカード現金化のおかげで九死に一生を得た

がま口財布と小銭
キャッシング枠は使えない。でも支払が迫っている。とにかく焦りました。何とかしてすぐにでも現金を用立てないと自分自身の信用問題にかかわる。そのようなプレッシャーがある状況でした。どうすれば良いのか分からない。本気で思っていました。このままだともしかしたら自分自身の財産の確保だとかも行われるようになってしまうんじゃないか。冗談抜きに身の危険さえ覚えてしまいましたが、とある方法で現金を用立てることが出来たので解決しました。その方法がクレジットカード現金化です。名前は耳にしたことがありましたけど、具体的にどのようなものなのかというのは知りませんでした。でもここまで簡単ならこれからは余裕がないなって思ったらクレジットカード現金化に頼ろうかなって思っています。いつも現金での支払いが困難になってくると胃がキリキリするような状況に陥っていたんですけど、この方法を知っていればもう悩まなくても自分だけで解決出来るんじゃないかなと思います。

クレジットカードと不正利用

ドル札
クレジットカードと言えば不正利用の問題が度々クローズアップされていますので、クレジットカードを利用するのはリスクのあるものなのではないかと危惧している人も多いと聞きます。確かに不正利用の被害に遭ってしまったら自分自身では身に覚えのないものでも料金を支払わなければならないのです。さすがにそのような状況は困るものですが、クレジットカードは利用履歴も確かなものですし、クレジットカードを発行している信販会社としてもそのような事態を危惧していますのでそのような状況に陥らないよう様々な工夫を凝らしています。セキュリティも年々向上していますので、不用意にクレジットカードの番号をフィッシングサイト等に入力でもしない限り、そもそも不正利用のターゲットになるようなことはありません。つまり、不正利用されるか否かは自分自身の行動次第ですので、クレジットカードを普通に利用しているだけであれば不正利用に巻き込まれるケースはありません。

今後のクレジットカード現金化

財布の中にある一万円札
今後クレジットカード現金化がどうなるのかは多くの方が気にしている部分なのではないでしょうか。確かにクレジットカード現金化が今後どのようになるのかは不透明です。現状は法律の抜け穴的な行為なのでグレーゾーンと呼ばれているのですが今後法整備が進む可能性は決してゼロではありません。むしろクレジットカード現金化が今以上に知名度が高くなり、様々な場所で当たり前のようにクレジットカード現金化が横行するようになると行政側としても法整備を進めざるを得ない状況となってくるでしょう。実際、グレーゾーンとは言われているものの、有識者を交えた議論も活発に行われています。かつての金融機関の金利のように、それまでグレーゾーンだったものの、一つの裁判がきっかけで一気に法整備が進む可能性もあるのです。「いずれは」と思っていても、あっという間に法整備が進む可能性も決してゼロではありませんので、行えるうちに行っておいた方が良いとの声もあります。